ローカーのウエハース。クラシックとスペシャリティーを食べた感想

ウエハースで有名なローカー社。

このページで紹介するのは同ブランドの正方形ウエハース クワドラティーニと違って縦長の、いわゆる定番の形をしたウエハースです。

クワドラティーニを食べた感想などについては以下のページで触れています。

ローカーのクワドラティーニは美味しいひとくちサイズのウエハース

よければこちらも参考にされてください。

スポンサーリンク

ローカー クラシック ウエハース バニラ

まずはこちらのクラシック ウエハース バニラ。

ローカーのクラシック ウエハース バニラ

ブランド名:ローカー Loacker
品名:クラシック ウエハース バニラ VANILLE Crispy wafers filled with vanilla cream

名称:ウエハース
原材料名:ココナッツオイル、小麦粉、グルコースシロップ、ホエイパウダー、砂糖、ぶどう糖、脱脂粉乳、大豆粉、大麦麦芽エキス、食塩、低脂肪ココア、ヘーゼルナッツ、香辛料/膨張剤、乳化剤
内容量:45g
カロリー:237kcal(45gあたり)
原産国名:オーストリア

開封してみると長方形のウエハースが8枚入っています。

クラシック ウエハース バニラを開封

実はお店で見かけた時、このパッケージサイズのウエハースがそのまま1枚だけ入っているのかと思っていました(笑)

お皿にのせてみましたがこれで全部です。

お皿にのせたクラシック ウエハース バニラ

クワドラティーニと比べると厚みが薄くなっている代わりに縦長になっており、まさにウエハースと聞いて想像する形そのものです。

クラシック ウエハース バニラの拡大画像

それでは食べてみましょう。

ふむ。

さすがにバニラ味は安定した美味しさですね。

ブルボン種の天然バニラが使われているそうです。

鋭い味覚の持ち主ではない私では表現が難しいのですが、濃厚でさわやかな味と言えばよいのでしょうか。

45gとそこまで多くないこともあって、あっという間に無くなってしまいました。

もっと食べたいと思いましたが、多少物足りないと感じるくらいが食べ過ぎることもなくて逆にちょうど良いのかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

ローカー クラシック ウエハース ココナッツ

こちらはクラシック ウエハース ココナッツです。

ローカーのクラシック ウエハース ココナッツ

ブランド名:ローカー Loacker
品名:クラシック ウエハース ココナッツ COCONUT Crispy wafers filled with coconut cream

名称:ウエハース
原材料名:ココナッツフレーク、小麦粉、ホエイパウダー(乳成分を含む)、砂糖、グルコースシロップ、ぶどう糖、ココナッツオイル、大豆粉、大麦麦芽エキス、食塩、低脂肪ココア、香辛料/膨張剤、乳化剤
内容量:45g
カロリー:245kcal(45gあたり)
原産国名:オーストリア

パッケージを開けるとココナッツの香りがします。

クラシック ウエハース ココナッツを開封

お皿にのせてみましたが、ウエハースの色合いもココナッツっぽくなっていますね。

お皿にのせたクラシック ウエハース ココナッツ

それでは食べてみましょう。

クラシック ウエハース ココナッツの拡大画像

ふむ。

なんと言えばよいのでしょう。

やはりベースはココナッツですが、ウエハース全体ではそこまで甘すぎない感じです。

ココナッツって、正直言って味をなんと表現すればよいか迷います(笑)

でも美味しいウエハースに仕上がっているとは思います。

個人的に定番にしたい味かと言うとそうでもないのですが、たまに食べたくなるようなおいしさ……だと思いました。

45gのクラシックで食べるのが私にとってはぴったりなのかもしれません。

スポンサーリンク

ローカー スペシャリティー ウエハース ラズベリーヨーグルト

こちらはスペシャリティー ウエハース ラズベリーヨーグルトです。

ローカーのスペシャリティー ウエハース ラズベリーヨーグルト

クラシックではなくスペシャリティーという名前になっていますので、パッケージは似ていますが厳密には違う種類のようです。

ブランド名:ローカー Loacker
品名:スペシャリティー ウエハース ラズベリーヨーグルト RASPBERRY-YOGHURT FRAMBOISE-YAOURT CRISPY WAFERS WITH RASPBERRY-YOGHURT CREAM FILLING

名称:ウエハース
原材料名:小麦粉、ココナッツオイル、グルコースシロップ、砂糖、ホエイパウダー、脱脂粉乳ヨーグルトパウダー、ぶどう糖、大豆粉、大麦麦芽エキス、ラズベリーパウダー、脱脂粉乳、食塩、低脂肪ココア、全粉乳、ヘーゼルナッツ、香辛料/膨張剤、乳化剤、アカビート色素
内容量:37.5g
カロリー:194kcal(37.5gあたり)
原産国名:オーストリア

内容量も45gではなく37.5gとちょっと少なめ

量が少ないことといい、名前のことといい、クラシックよりもなにやら特別感がありますね。

とにかく開封してみます。

スペシャリティー ウエハース ラズベリーヨーグルトを開封

枚数が12枚と増えていますが、かわりに一枚一枚が薄くなっていますね。

スペシャリティー ウエハース ラズベリーヨーグルトを横から写した

クリームの層が1層しかありません。

クリームの色はさすがにラズベリーヨーグルトなだけあってかなり派手です。

ウエハースの生地の色は淡いので、クリーム部分がとても目立ちますね。

それでは食べてみましょう。

ふむ。

食べてみると、ラズベリーとヨーグルトの酸味と甘さがまじりあってなかなかの美味さ。

ただ、個人的にはクリームの層が2層欲しかったような気もします。

食べたあとにちょっと物足りなさを感じてしまうんですよね。

薄いのですぐに食べ終わってしまいますし。

でもそれだとひょっとすると味がくどくなってしまうのでしょうか。

そういった点で少し惜しいお菓子だなと思いました。

クワドラティーニと比較した感想

ここまで三種類のウエハースを食べた感想について述べました。

同じローカー社のクワドラティーニとどちらが良いのかと言われると答えるのが難しいです。どちらもおいしかったですし。

ただクワドラティーニより内容量が少ない分、価格もこちらのほうが安めですし、手軽にローカー社のウエハースを試してみるのにはぴったりかもしれません。

美味しさと共にいっぱい食べたという満足感を味わうならクワドラティーニのほうが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました