レクラークのチョコレートチップクッキーシリーズを食べた感想

レクラーク社は、フランシス・レクラーク氏が1905年にカナダのケベックで創業したことに始まり、今ではカナダを代表するクッキーメーカーと言われるまでに成長したそうです。

創業して100年以上の老舗メーカーですね。

このページではそんなレクラークのチョコレートチップクッキーシリーズを紹介します。

スポンサーリンク

レクラーク チョコレートチップクッキー

こちらはチョコレートチップクッキー。

チョコレートチップクッキーの箱を正面から写した

ブランド名:レクラーク Leclerc
品名:チョコレートチップクッキー THE INCREDIBLE COOKIE CHOCO BELGIAN REAL CHOCOLATE

名称:クッキー
原材料名:小麦粉、植物油脂、チョコレートチップ(砂糖、カカオマス、ココアバター、ブドウ糖)、砂糖、チョコレートチャンク(砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、食塩)、ブラウンシュガー、卵、ホエイパウダー、食塩/乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料
内容量:300g
カロリー:502kcal(100gあたり)
原産国名:カナダ

300gとかなりのボリュームがあり、箱もかなり大きいです。

レクラークのチョコレートチップクッキー

定番中の定番ともいえるチョコレートチップクッキーですが、果たしてレクラーク社のものはどんな味がするのか。

それでは箱から出してみましょう。

包装に包まれたチョコレートチップクッキー

包装に包まれた大きな容器が出てきました。包装は一括で小分けにはされていません。

包装に包まれたチョコレートチップクッキーを角度を変えて撮影

枚数に関しては21枚ですが、内容量はグラム表記ですから枚数固定ではないと思われるので、大体これくらいの数が入っていると考えておいたほうが良さそうです。

一部をお皿にのせてみました。

お皿にのせたチョコレートチップクッキー

外見はこの通りの正統派チョクチップクッキーです。

裏側はこんな感じ。

チョコレートチップクッキーの裏側

それでは食べてみましょう。

チョコレートチップクッキーの拡大画像

ふむ。

食感はやや堅めでガリガリザクザク

少なくともしっとりという感想はまったく思い浮かばないクッキーです。

でも美味しいのでザクザクと食べ続けてしまいます。

私にとっては甘すぎるということもなく、味に関しても正統派でした。

1枚1枚のサイズも大きすぎず小さすぎずでちょうど良いくらいです。

このクッキーの問題点は、300gという容量の多さではないかと思います。

包装も小分けされてはいませんからね。

一度開封したら早めに完食すべきなのでしょうけど、量が多いので少食の人にとってはそれが難しいかもしれません。

どちらかというと一人で食べるよりも、みんなで食べることが向いているお菓子なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

レクラーク ホワイトチョコレートチップクッキー

こちらはホワイトチョコレートチップクッキーです。

レクラークのホワイトチョコレートチップクッキー

ブランド名:レクラーク Leclerc
品名:ホワイトチョコレートチップクッキー THE INCREDIBLE COOKIE CHOCO DUO REAL WHITE CHOCOLATE

名称:クッキー
原材料名:小麦粉、砂糖、ホワイトチョコレートチャンク(砂糖、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、バターオイル)、植物油脂、ブラウンシュガー、ココアパウダー、卵、食塩/乳化剤(大豆由来)、膨張剤、香料
内容量:300g
カロリー:490kcal(100gあたり)
原産国名:カナダ

クッキーの生地がココアベースとなっており、チョコチップがホワイトチョコになっています。

見た目の色の配分が入れ替わった形になっていますね。

同じく300gですので箱も大きく、中身の包装もひとまとめ。

包装に包まれたホワイトチョコレートチップクッキー

お皿に移してみました。

お皿にのせたホワイトチョコレートチップクッキー

裏側はこんな感じです。

ホワイトチョコレートチップクッキーの裏側

それでは食べてみましょう。

ふむ。

こちらも食感は堅めでガリガリザクザクとした歯ごたえです。

生地がココアベースになり、チョコチップがホワイトチョコになったことで、まったく別の味わいがあります。

でもチョコレートチップクッキーと同様に美味しいです。

一度食べ始めるとなかなか止め時が見つかりません。

300gというボリュームがこうなると罠のように思えます。

包装が小分けされていないことが、一度に食べないといけないという気持ちを強くさせるのです(笑)

カロリーのことを気にすると怖くなってしまいますね。

太るのが嫌なら頑張って食べすぎないように自制するしかありません。

上のチョコレートチップクッキーが気に入ったなら、こちらの商品も買ってみて損はないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました