フリトレーのトルティーヤチップス、ドリトスを食べた感想

このページではフリトレーのドリトスシリーズを紹介しています。

ドリトスは現在55ヶ国以上で販売されているトルティーヤチップス。

なお、フリトレーはアメリカ企業ペプシコのブランドですが、私が今回ジュピターで買ってきた商品は原産国が違う場所のものです。

スポンサーリンク

フリトレー ドリトス しお味

こちらはドリトス しお味。

フリトレーのドリトス しお味

ブランド名:フリトレー Frito Lay
品名:ドリトス しお味 Doritos TOASTED CORN

名称:スナック菓子
原材料名:コーン(遺伝子組換えでない)、植物油、食塩
内容量:160g
カロリー:508kcal(100gあたり)
原産国名:台湾

原産国は台湾になっています。

パッケージがけっこう縦長で特徴的ですね。160gとなかなかのボリュームがあります。

さっそく開封。

開封したドリトス しお味

一部をお皿にのせてみました。

お皿にのせたドリトス しお味

三角形でトルティーヤチップスと言われて想像する形そのものです。

原料であるとうもころしを思い起こさせる色合い。

ドリトス しお味の拡大画像

ドリトスはスペイン語から派生した『小さな金塊』という意味だそうですが、これはまさに黄金の色ですね。

それでは食べてみましょう。

ふむ。

さすがに歯ごたえはガリガリとしていて食べ応えがあります。

味については美味しいのですが、けっこうしょっぱいです。

私にとっては好みの味付けですが、人によっては塩分が濃すぎると思うのではないかと感じるくらいのしょっぱさがあります。

しお味という商品名に恥じない塩辛さ。うす塩味ではないのです。

ドリトスはディップをのせて食べるのも有名ですが、何かをトッピングする必要性は感じませんでした。

食べているとかなり喉が渇いてくるのでドリンク必須です。

塩気が強いことを気にしないなら普通に満足できるお菓子でした。

スポンサーリンク

フリトレー ドリトス タコス味

こちらはドリトス タコス味です。

フリトレーのドリトス タコス味

ブランド名:フリトレー Frito Lay
品名:ドリトス タコス味 Doritos TACO

名称:スナック菓子
原材料名:コーン(遺伝子組換えでない)、植物油、ミルクパウダー、食塩、ぶどう糖、オニオンパウダー、香辛料、トマトパウダー、砂糖、粉末酢、酵母エキス/調味料(アミノ酸)、香料、酸味料、アナトー色素、(原材料の一部に乳成分・大豆を含む)
内容量:160g
カロリー:518kcal(100gあたり)
原産国名:台湾

こちらも原産国は台湾です。

タコスは有名なメキシコ料理ですね。

ちなみに『taco』という単語自体に軽食という意味があるそうです。

いつものように開封してお皿にのせてみましょう。

開封したドリトス タコス味
お皿にのせたドリトス タコス味

しお味に比べて原材料の種類が増えていますが、パウダーの影響かさすがにスナックの色合いも濃くなっていますね。

ドリトス タコス味の拡大画像

それでは食べてみましょう。

ふむ。

歯ごたえはもちろん特にかわらずにガリガリとしています。

私は本場のタコスには詳しくないのですが、お菓子のタコス味といわれてイメージする味ですね。

味付けはけっこう強めのほうかなと思います。

逆にしお味ほどのしょっぱさは感じません。

トータルでは普通に美味しい出来に仕上がっているのではないかと。

タコス味のトルティーヤチップスを求めている方は一度試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました