ドロステのチョコレート。パステルロールシリーズは六角形の箱が素敵

ドロステはオランダのチョコレートメーカー。

その歴史は長く、なんと1863年から続いているのです。

ヨーロッパだけでなく世界中でもファンが多いというドロステ。

このページではその中でも人気の高い、パステルロールシリーズを紹介します。

スポンサーリンク

ドロステ パステルロール ミルク

まずはこちらのパステルロール ミルクから。

ドロステのパステルロールミルク

ブランド名:ドロステ DROSTE
品名:パステルロール ミルク PASTILLES MILK LAIT

名称:チョコレート
原材料名:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳脂肪/乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:85g
カロリー:480kcal(85gあたり)
原産国名:オランダ

ミルクチョコレートはもはや定番の一つですね。

このパステルロールシリーズのパッケージは、六角形のバー状の箱という面白いデザインです。

ドロステのパステルロールミルクを立たせている

色もまたカラフルでよいですね。このミルクは鮮やかな青色です。

ちなみにパッケージに書かれているPASTILLESの言葉の意味は、錠剤、トローチ、といった意味です。

箱を開けると包装に入ったチョコが出てきました。

パステルロールミルクを開けた
パステルロールミルクの箱から包装を取り出した

包装もあけて一部をお皿に移してみます。

皿にのせたパステルロールミルクのチョコレート

中に入っていたのは丸くて平べったいチョコレート。さすがにこちらまでは六角形ではありません。PASTILLESの言葉の通り、錠剤の形ですね。

表面にはDROSTEの文字が刻まれています。

パステルロールミルクチョコレートの拡大画像

裏はこんな感じ。

パステルロールミルクチョコレートの裏側

さっそく食べてみましょう。

ふむ。

さすがにミルクチョコレート特有の甘さが口の中に広がります。

サイズも小さいのでつまみやすく、ひと口で頬張れます。

パッケージもスマートですし、いつでもお手軽に食べることができますね。

ミルクチョコレートが好きなら一度は買ってみても損はないかと思います。

スポンサーリンク

ドロステ パステルロール キャラメルシーソルト

こちらはパステルロール キャラメルシーソルトです。

ドロステパステルロール キャラメルシーソルト

ブランド名:ドロステ DROSTE
品名:パステルロール キャラメルシーソルト PASTILLES CARAMEL SEASALT – SEL DE MER

名称:チョコレート
原材料名:砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳脂肪、米でんぷん、食塩/乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:80g
カロリー:439kcal(80gあたり)
原産国名:オランダ

箱の色は淡い感じの水色。

パステルロールキャラメルシーソルトの箱を立たせている

ちなみにミルクに比べてカロリーが大きく減っているように見えますが、内容量が80gとミルクよりも5g減っていますので、実際は大差ありません(笑)

箱を開けて取り出してみます。

パステルロールキャラメルシーソルトの箱を開けた

そして包装を開封。

パステルロールキャラメルシーソルトの包装を開けた

一部をお皿に移してみました。

キャラメルシーソルトを皿にのせた

さすがにチョコの見た目自体はそう変わりませんね。同じく円盤型のチョコレートです。

キャラメルシーソルトチョコレートの拡大画像

では食べてみましょう。

ふむ。

噛んでいると少しジャリジャリっとした感触があります。

シーソルトならではでしょうか。

ソルトというだけあって、甘味の中にもしょっぱさを感じますね

そしてそれのおかげで甘さがくどくならずに済んでいる印象です。

甘ったるいチョコレートが苦手という人にはぴったりかもしれません。

私はミルクよりもこちらのキャラメルシーソルトの方が気に入りました。

スポンサーリンク

ドロステ パステルロール オレンジクリスプ

こちらはパステルロール オレンジクリスプ。

ドロステパステルロール オレンジクリスプ

ブランド名:ドロステ DROSTE
品名:パステルロール オレンジクリスプ PASTILLES ORANGE CRISP

名称:チョコレート
原材料名:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、マルトデキストリン、濃縮オレンジ果汁、乳脂肪/乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:85g
カロリー:451kcal(85gあたり)
原産国名:オランダ

ミルクと同じ85gです。

パッケージの色はオレンジをイメージさせるだいだい色ですね。

オレンジクリスプの箱を立たせている

箱から開けて出してみましょう。

オレンジクリスプを箱から出して包装を開いた

今回は少し多めに皿にのせてみました。

オレンジクリスプを皿に移した

見た目はやはり大差ありません。

オレンジクリスプの拡大画像

でもさすがにオレンジというだけあって、チョコだけでなくオレンジの香りもします。

食べてみましょう。

んー。

クリスプの名の通り、食べている時に少しだけガリガリという歯触りがあります。

でも私が考えている食感とはちょっと違いました。

あとオレンジの味も、あまりチョコとマッチしてないかも……と少しだけ思ってしまいました。

もちろんまずいわけではないのですが、美味しいと手放しで称賛するほどではない、といったところでしょうか。

チョコとオレンジという組み合わせ自体は好きなので、つまりこのオレンジクリスプは私向きの味ではなかったということになります。

好みの問題かと思いますので、気になる方は一度買って食べてみてください。

タイトルとURLをコピーしました