カーレッティーのチョコレートで苦手なミント味を試してみました

カーレッティーは1918年に設立されたチョコレートメーカーです。

デンマークの企業のようですが、私が買ってきた商品の原産国はポーランドになっていますね。

この記事ではカーレッティーのスティックタイプやプレッツェルタイプのチョコレートを紹介します。

スポンサーリンク

カーレッティー 75g ミルクスティックチョコ

まずは75g ミルクスティックチョコから。

カーレッティーのミルクスティックチョコ

パッケージは白を基調とした、なかなかスタイリッシュなデザインですね。

ブランド名:カーレッティー Carletti
品名:75g ミルクスティックチョコ DELICATE Sticks MILK CHOCOLATE

名称:チョコレート
原材料名:砂糖、全粉乳、カカオマス、カカオバター、コーンフレーク(とうもろこし、砂糖、食塩、大麦麦芽)/乳化剤、香料
内容量:75g
カロリー:547kcal(100gあたり)
原産国名:ポーランド

透明の包装を開けてみて分かったのですが、箱はスライドさせるタイプでした。

ミルクスティックチョコの箱をスライドさせた状態

上にのせられている黒いシートを取り除くとスティックタイプのチョコレートが登場。

箱に入ったミルクスティックチョコ

クリスプが混ざっているチョコで見た目はでこぼこしています。

一部をお皿にのせてみました。

ミルクスティックチョコを皿にのせた

原材料を見る感じ、クリスプの部分はコーンフレークのようですね。

見た目から日本のお菓子の小枝を思い浮かべますが、こちらは1本1本が長めのデザインです。

ミルクスティックチョコの拡大画像

食べてみると、チョコレートの甘味とクリスプの歯ざわりを楽しめます。

小枝で慣れ親しんでいる人にとっては、ある意味定番の味と言えそうですね。

ミルクチョコレートだからか、甘味は強いほうだと思います。

甘いチョコレートが好きなら買っても損はないのではないかと。

スポンサーリンク

カーレッティー 75g ミントスティックチョコ

こちらは75g ミントスティックチョコです。

カーレッティーのミントスティックチョコ

ブランド名:カーレッティー Carletti
品名:75g ミントスティックチョコ MINT Sticks CRISPY DARK CHOCOLATE WITH MINT TASTE

名称:チョコレート
原材料名:カカオマス、砂糖、コーンフレーク(とうもろこし、砂糖、食塩、大麦麦芽)、カカオバター、全粉乳/乳化剤、香料
内容量:75g
カロリー:500kcal(100gあたり)
原産国名:ポーランド

ミントはフレーバーだけが加わったタイプのようです。チョコレートの部分はミルクチョコレートではなくダークチョコレートになっています。

ミント味は好き嫌いがはっきり分かれる味ですね。

私も基本的にミント味が苦手で、めったに食べません。チョコミントも同様です。

少なくともこうして記事にするつもりがなかったら、この商品は買ってこなかったでしょう。

そのあたりをご承知の上で味などの感想を参考にされてください。

こちらもミルクスティックチョコと同様に箱はスライドタイプ。

ミルクスティックチョコの箱をスライドさせた状態

箱を開けるとミントの香りが広がります。

ミントスティックチョコを箱から出した状態

見た目などはミルクスティックチョコと大差ありませんね。同じようにコーンフレークによるクリスプが混ざっているようです。

ミントスティックチョコを皿にのせた

さっそく食べてみます。

ミントスティックチョコの拡大画像

……。

やっぱり私にミント味はちょっと合わないかもしれません(笑)

美味しいというよりは「ハミガキ粉……」と思ってしまいます。

もちろんまずいとまでは言いませんが。

食べているとすぐに口の中がミントっぽくなります。

よく言えば清涼感があるのでしょうか?

グリーンガムを噛んだ時みたいな感じですね。

それとこちらはダークチョコレートだからか、甘さもそこまで強くはありません

ミント味が好きで、こういったクリスプタイプのスティックチョコレートを食べてみたい方向けかなと思います。

残念ながら私は、もう今後このミントスティックチョコを買うことはなさそうです。

スポンサーリンク

カーレッティー 75g プレッツェル ミルクチョコ

こちらは75g プレッツェル ミルクチョコです。

カーレッティープレッツェルミルクチョコ

ブランド名:カーレッティー Carletti
品名:75g プレッツェル ミルクチョコ DELICATE Pretzels MILK CHOCOLATE

名称:チョコレート
原材料名:砂糖、全粉乳、カカオバター、カカオマス/乳化剤、香料
内容量:75g
カロリー:526kcal(100gあたり)
原産国名:ポーランド

プレッツェルと言えばドイツの伝統的なスナックですが、こちらの商品は中にスナックなどが入っておらず、すべてチョコレートでできています

見た目だけがプレッツェルの形をしているのですね。

買う際はそのことを念頭においておいたほうが良いでしょう。

実は私も中にスナック菓子が入っているタイプだと思って買いました。

スナック部分がないことに気付いたのは食べる直前です(笑)

それでは開けてみましょう。

プレッツェルミルクチョコをスライドさせた状態

写真ではちょっとわかりにくいですが、中は二層になっていて間にもう一枚黒いシートがあり、その上下にこのチョコレートが並べられていました。

プレッツェルミルクチョコを箱から出した状態

下の画像は、上層にのっていたチョコレートをすべてお皿に移した状態です。

プレッツェルミルクチョコの半分を皿に移した状態

見た目はこの通りハート型のプレッツェル。

プレッツェルミルクチョコの拡大画像

個人的には中にスナックが入っているもののほうが好きなのですが、それでは食べてみましょう。

ふむ。

味に関してですが、ミルクチョコレート系なのでとても甘いです。

ミルクチョコレートそのものをプレッツェルタイプの形で味わいたい人むけのお菓子ですね。

中にスナックが入っているチョコプレッツェルが好きな人は、別の商品を買ったほうが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました