ビスケットで有名なバールセンのお菓子を食べた感想

このページではバールセンのお菓子を紹介します。

バールセンは1889年に創立されたという、まさにドイツの老舗ブランド。

特にビスケットのメーカーとして有名だそうです。

その理由もあってこの記事のカテゴリーはチョコレートではなく、ビスケットとして分類しています。

スポンサーリンク

バールセン <メッシーノ ミニ>

メッシーノ ミニのパッケージ

ブランド名:バールセン Bahlsen
品名:<メッシーノ ミニ> Messino Minis Orange & Choco

名称:チョコレート菓子
原材料名:砂糖、グルコースシロップ、小麦粉、カカオマス、植物油脂、全卵パウダー、濃縮オレンジジュース、ココアバター、ホエイパウダー(乳成分を含む)、小麦スターチ/ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、香料、膨張剤
内容量:100g
カロリー:411kcal(100gあたり)
原産国名:ドイツ

こちらはメッシーノ ミニ。

名前から想像できる通り、元となったメッシーノというお菓子があるようです。ただ、そちらの方はまだ食べたことがありません。

それはともかく、いまはこのメッシーノ ミニについて語りましょう。

まずはお皿に盛ってみます。

メッシーノミニを皿にのせている

ひらべったいビスケットといった形で、片方の面にチョコレートがコーティングされております。ミニというだけあってサイズも小さめ。

メッシーノミニの拡大図

パッケージのOrangeという表記の通り、成分にオレンジジュースが入っていますので、チョコといっしょにオレンジの香りもしますね。

いざひと口食べてみると、歯ごたえが予想外。

見た目からしてビスケット部分が固いと思っていたのですが、実際にはやわらかめです。

商品説明を読んで気付いたのですが、どうやらソフトビスケットだったようです。さすがビスケットメーカーのバールセン。見事に騙されました。(私が気付かなかっただけ)

そして食べていくと感じるチョコとオレンジのハーモニー。

ビターチョコのせいか、甘さがくどすぎるということもありません。

もとからチョコとオレンジの組み合わせは結構好きなのですが、これもなかなか美味しいです。

おそらく大きなサイズなのであろうメッシーノも、ぜひいつか食べてみたいものです。

スポンサーリンク

バールセン <ワッフルミニーズチョコ>

こちらはバールセンのワッフルミニーズチョコ。

ワッフルミニーズチョコのパッケージ

メッシーノ ミニと同じく青と白のパッケージが印象に残ります。

ブランド名:バールセン Bahlsen
品名:<ワッフルミニーズチョコ> Waffle Minis Milk chocolate

名称:ウエハース
原材料名:砂糖、小麦粉、植物油、ココアバター、脱脂粉乳、カカオマス、ホエイパウダー、濃縮バター、乳糖、グルコースシロップ、卵黄粉末(卵を含む)、食塩、全粉乳、香辛料/乳化剤、膨張剤、香料
内容量:100g
カロリー:534kcal(100gあたり)
原産国名:ドイツ

お菓子の名称はウエハースとなっていますが、パッケージを見る感じメッシーノ ミニと同じシリーズとしか思えないので、このページでいっしょに紹介させていただきます(笑)

さっそく袋を開けてお皿に移してみましょう。

皿に移したワッフルミニーズチョコ

小さく巻かれたワッフルがミルクチョコレートでコーティングされています。

見た目はかわいいですが、はたして味はどんなものでしょうか。

ワッフルミニーズの拡大画像

ふむ。

さすがに柔らかいですね。

噛むごとにサクッとした食感とミルクチョコレートの甘さを体感できます。

ひと口サイズなので手軽に食べることができるのも良いですね。

これも美味しかったです。あっという間になくなってしまいました。

さすがに100年以上続いているブランドは伊達じゃありません。

容量も多すぎず少なすぎずでちょうどよいですし、このバールセンのシリーズは私の中で新しい定番となりそうです。

タイトルとURLをコピーしました